2020年8月5日

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

SDGsへの取り組みについて


持続可能な開発目標(SDGs)とは

開発アジェンダの節目の年、2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、国連持続可能な開発サミットが開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」英語[別窓]本語(外務省仮訳)[PDF])が採択されました。

日本のSDGグローバル指標の進捗状況についてはこちら[別窓](外務省サイト)

アジェンダは、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、宣言および目標をかかげました。この目標が、ミレニアム開発目標(MDGs)の後継であり、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」です


NON EDGEのSDGsの

取り組みについて



売り上げの一部を日本赤十字社に寄付します

 


スタッフの健康を考え、過度な負担にならないような休憩と働き方を実現します

また、お客様とスタッフの健康を害さないよう衛生管理の徹底します。

 


社内/社外研修を積極的に行い、質の高い技術や知識を身につけます

 


女性/ママ美容師の働きやすい環境を整え、正社員/パートさん共にゆとりと助け合いのある働き方を実現し、お客様とスタッフとその家族を笑顔にできるよう努めます。

 


無駄な薬剤使用や破棄、水の使用を最小限に抑え、

人と地球環境によい、無添加/オーガニック商材の使用と販売します。

 

 

無添加/オーガニック商材(SBCPシリーズ)

ステップボーンカット プロダクト

 


全証明をLED電球を使用し、営業時、営業外での消費電力を最小限に抑えます。

 


ヘアドネーション賛同サロンとしての活動を通じて、

病気で髪の悩みのある子供たちを笑顔にします。

 

ヘアドネーション(JHD&C)公式ホームページ

https://www.jhdac.org/

 


プラスチックの使用を極力なくし、紙ストロー、紙袋、

バイオマスのショッパーの使用と、

ヘアカラーチューブのリサイクルプロジェクトに参加しゴミを減らします。

 


ステップボーンカット協会やJHD&C、その他お世話になってる企業様や個人/団体様と相互協力し、目標達成を目指します

 

 

ステップボーンカット協会 SDGsへの取り組み

~「地球にやさしい美容」~

1. 電力を最小限に抑えます。

つややかな髪と、西洋人骨格の理想のヘアデザインを形造るステップボーンカットで、無駄なブロードライをしません。

2. 水の使用を最小限に抑えます。

カット後、残った髪をシャンプー台で流す必要のないステップボーンカットで、無駄な水を使いません。

3. 海に流す薬剤を最小限に抑えます。

薬剤浸促進効果のあるカットローションと、髪を痛めず自由に形づけるステップボーンカットで、最小限のカラー、パーマ剤で理想のヘアデザインにします。

 

~「人にやさしい美容」~

1. 薬害を最小限に抑えます。

薬剤は長くつけることで、身体と髪に害を及ぼします。短時間で、地肌に薬剤をできるだけつけない施術をします。また薬害を最小限にする商品を使用します。

2. 労働環境改善のために生産性を上げます。

顧客満足度をあげるために、高価値で結果が明らかに解るステップボーンカット技術を追求し学び続けます。無駄を省いたサロンオペレーションで、大切な時間を無駄にしません。シンプルに整理整頓を実行します。

3. 美容師の身体と、心を疲れさせません。

まるで優雅なダンスをするように、地球の引力と、シザーの重力、遠心力を使用するステップボーンカットで、身体の力を抜き正しい弧を描きます。同じところを二度と切らない一刃入魂のために、学び続けます。

 


NON EDGEといたしましては、上記以外にも、自分たちのできることを見つけ、

目標達成できるよう努めてまいります。

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket